筋トレがメタボ体型から脱出するダイエットの中で最も効率的です。なぜなら、毎日の食事で吸収したカロリーの大部分は筋肉を動かすことで消費するからです。筋トレ初心者でも最速で効果絶大のメニューの秘訣を紹介します。

2019年最新! 腹筋ローラーのおすすめと選び方のポイント

腹筋ローラーのおすすめメーカーや選び方ポイントは?

多くのメーカーから腹筋ローラー(アブローラー)が販売されていますが、本当に様々な種類や形、値段のものがありますね!

「どれも似たようなものじゃないの?」
「一番安いアブローラーは?」

と思われているあなた。最近の腹筋ローラーはただの腹筋トレーニング器具ではなく、体の負担をサポートする最新マシンに進化しています。

品質が高いものも多くでてきているので、ぜひ楽しみながら選んでいただきたいと思います!

広告

2019年最新の腹筋ローラー

最新のおすすめ腹筋ローラーをご紹介します!
品質が良く、口コミでも評価が高い人気メーカーは以下の通りです。

  • Wolfyok
  • Soomloom
  • NAKO

ここでは最新のおすすめ腹筋ローラーをご紹介します。

【Wolfyok】安定抜群 エクササイズローラー【最新進化版】

Wolfyokの特徴は厚みのあるタイヤ、滑り止めハンドル、鋼パイプ、TPR素材のタイヤを使用。滑りにくい、耐久性がある、振動を軽減するなど、グリップ力抜群で安心して使用できます。無臭です!

この腹筋ローラーは、肉厚の二重ホイール、安定性が抜群です。

しっかりとした厚みのあるダブルホイールが滑りにくく、床を傷つけない、安定感アップさせるスグレモノ!

快適かつ安全なトレーニングをサポートしてくれ、超静音設計で夜間でも他人に迷惑をかけません。(スゴい!)

さらに、膝の負担を軽減するための厚い膝マット付きでおすすめです。

【Soomloom】超静音 アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー

腹筋を鍛えるオーソドックスタイプの二輪腹筋ローラーです。ローラーは超消音のEVA素材を採用し、耐摩耗性があります。

ホイール2コのシンプルな腹筋ローラーです。シンプルで軽量なものがよい方はこちらがおすすめです。

驚きの超静音!と振動を軽減する設計なので、自宅で静かにトレーニングをしたい人におすすめです。また、ホイール2個で安定性も抜群です!

【NAKO】アシスト機能付き エクササイズローラー

ハイグレードな腹筋ローラーです!かなり大きなサイズですが、安定感抜群の丈夫なステンレス製、マット付き、静音設計は当然ですが、アシスト機能がスゴい!

腹筋ローラーの中にスプリングが内蔵されていて、前に押し出すときに行きすぎることが無いように自動的にブレーキがかかり、簡単に戻ることができます。

独特な形をしていて、グリップはとても握りやすく指などへの負担を軽減してくれる設計になっています。

アシスト機能があるため、初心者の方にはおすすめの腹筋ローラーです!

番外編、ダイソー(100均)の腹筋ローラー

今日から、明日から腹筋ローラーを始めようと考えている方、続けていけるか分からない物にそこまでお金をかけたくない方におすすめです。

実際は300円商品ですが、何も問題なく使用できることができます。もちろん静音などの物ではありませんが、そこまで音は気になりません。

 

広告

腹筋ローラーの選び方のポイント

腹筋ローラーの選び方のポイントとして

  • 価格
  • ホイールの形状
  • アシスト機能
  • デザイン
  • 動作時の音
  • ゴムのにおい
  • 耐久性

デザインは色々な種類がある中で、小さな物から、大きい物、1輪でも幅の広い物など様々ですが、選び方として、初めて腹筋ローラーを始めるとなると、安定性のある2輪や幅の広い物を選ぶのがベストです。

筋力があまりない初心者の方は、アシスト機能がついたものを選ぶと無理なく続けることができます。現状の筋力や筋トレ経験などを参考に選びましょう!

値段的にも様々ありますが、部屋にマッチしたデザインや品質の好みにあわせるとよいでしょう。

その他、耐久性、動作時の音、ゴムのにおい、床の痛みなどが気になる方は1,500円以上のものを選びましょう。1,500円未満の値段が安い腹筋ローラーについては、このような品質までは期待できません。

腹筋ローラーの効果

腹筋ローラーは体にどのような効果があるのでしょうか?

鍛えられるメインの部位は「腹筋群」です。

腹筋群には腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋があり、ローラーを前に出したときに、これらの筋肉の力を使って体が反らないようにします。

腹筋群を意識して使えるようにすることがコツです!

腹筋群をしっかり鍛え、同時に体脂肪を落とすことで、シックスパックを手に入れる事ができます。

腹筋ローラーの使い方

実際に腹筋ローラーの使い方を確認していきましょう。

初めて腹筋ローラーをやる方は、膝をついての膝コロからスタートしてみましょう。

膝をつき四つん這いの状態になります。その体制から、腹筋ローラーを前方に移動させお腹が床ギリギリの所まで移動します。そこから腹筋を使って、元の位置に戻る事を最初は10回程度3セットを目安に繰り返します。

慣れていない方はかなりきついので、アシスト機能のついた腹筋ローラーを選びましょう。ブレーキがかかるので、動きをコントロールできます。

 

ひざコロに慣れてきたら、立ちコロに挑戦しましょう!

足を肩幅に開き、ひじを少し曲げて顔の横に固定させたまま、腹筋ローラーを前方に移動させます。そこから腹筋を使い、元の形に戻ります。

※ひじを無理にのばすとできませんので、まずは曲げて実施しましょう!

 

立ちコロのメリットについてわかりやすい動画は以下を参考に!
※タイトルや画像はかなりインパクトがありますが、立ちコロのメリットについてすごく丁寧にわかりやすく説明してくれています。

 

まとめ

筋トレに慣れていて、筋力がある人にとっては筋力があるぶんコントロールができて、どんな腹筋ローラーでも問題無く使えます。

ただ、初心者の方、筋力に自身がない方は最新のサポート機能がついた腹筋ローラーを選ぶことをおすすめします。

また、デザインや耐久性、静音性など、使用する場所や好みによって選ぶのもおすすめです。

私も腹筋ローラーを始めて3ヵ月目になりますが、今では立ちコロができるようになりました!筋トレをやった最後の仕上げの腹筋ローラーでさらに効果的なトレーニングが実践できています。

皆様もぜひ実践してみてください!

関連記事

・筋トレ好きを仕事にする!パーソナルトレーナーになるには?
・女性におすすめ|筋トレゴムバンドの効果とメニューの作り方!
・自宅筋トレメニュー「へやトレ」でジム以上の効果をだすやり方とは?

 

最新情報をチェックしよう!
デオスピード×デオエース×デトランス
UNIVA DIET -DELUXE- デラックス
広告