美尻の作り方ガイド!お尻が垂れる原因と対処法を紹介!

広告

美尻の作り方とは?

後ろ姿をふと鏡で見たとき、

「あれ?こんなにお尻が下がってたっけ?」

と、たるんだお尻を発見してショックを受けたことはありませんか?
運動不足などで下半身を使う機会が減ってくると、お尻や太ももは特に脂肪がつきやすい部分です。

「やばい!ヒップアップの筋トレしなくちゃ!」

と思ってひたすらスクワットをしても改善されません。
美尻の作り方とは、ただお尻を使う運動をすればよいのではありまぜん!

今回は、お尻が垂れてきた原因と対処法についてご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

お尻が垂れる原因は?

お尻が垂れる主な原因は、筋肉の衰えにあると考えられます。

なぜ筋肉が衰えるのかというと、以下の点が考えられます。

  1. 運動不足
  2. 加齢
  3. お尻の筋肉を使っていない

意外に③が原因の場合が多くあるといわれます。

スクワットなどお尻の運動をしているつもりなのに、足が太くなった。。というのを聞いたことはありませんか?

よくあるヒップアップのトレーニングが良いといわれるのは、活動的な20代女性に多いキュッと上がった半円形のお尻に近づけるためです。

特にお尻まわりの筋肉は大きな動作をしないと使われにくい部分なので、普段運動をしていても使われないことが意外に多いといわれます。

美尻の作り方エクササイズ

お尻まわりの筋肉に集中したエクササイズをすることで、筋肉の衰えを改善していきます。

使用する中心の筋肉は以下の3つです!

(1)大臀筋(だいでんきん)

お尻のトップ部分の筋肉。画像の筋肉の流れに沿って筋肉を縮める(力を入れる)、伸ばすを意識しながら動かすことに集中します。

(2)中臀筋(ちゅうでんきん)

お尻の側面の筋肉。画像では大臀筋の上部に位置します。骨盤を支えて姿勢を維持する役割を担います。

大臀筋・中殿筋

(3)ハムストリングス

太ももの裏側の筋肉。お尻と太ももの分かれ目である溝を作るための役割を担うため、ヒップアップには欠かせない部分です。

ハムストリングス

 

究極のヒップメイクを提唱する岡部友さんの、ピンポイントに「お尻だけに効く」エクササイズをご紹介します。

全てに共通するポイントは、お尻と太ももの裏の筋肉に意識を集中すること。

お尻だけに効かせることが重要です!

ワイドスクワット

ポイント:お尻の筋肉で体を起こす

片足ルーマニアンデッドリフト

ポイント:お尻と太ももの裏の筋肉で起こす

バックランジ

ポイント:お尻の筋肉で体を起こす

ヒップスラスト

ポイント:お尻の筋肉で体を起こす

 

ブルガリアンスクワット

ポイント:お尻の筋肉で体を起こす

 

参考書籍


 

まとめ

美尻を作るためには、筋肉の衰えをどのように克服するかが大切です。

また、筋肉の付き方(流れの方向)にあわせてトレーニング時の筋肉を意識して使うことで効果は大きく変わりますので、ぜひ実践してみてください!

関連記事

レディース用の加圧シャツをお探しの方はこちら
筋トレメニューのせい?女性初心者の効果がでない原因と対策
そる腹筋のやり方と効果を知る!口コミも紹介

しりぺん体操のやり方と効果を知る!口コミも紹介
やせ筋トレのやり方と効果とは?口コミも紹介!

 

最新情報をチェックしよう!
デオスピード×デオエース×デトランス
UNIVA DIET -DELUXE- デラックス
広告