筋トレがメタボ体型から脱出するダイエットの中で最も効率的です。なぜなら、毎日の食事で吸収したカロリーの大部分は筋肉を動かすことで消費するからです。筋トレ初心者でも最速で効果絶大のメニューの秘訣を紹介します。

絶対失敗しないダイエット!リバウンドの原因と対策を徹底解説

ダイエットをするとき、避けては通れないリバウンド対策。リバウンドの原因はどこにあるのでしょうか?

一時的に痩せるのは比較的簡単でも、維持できない人が多いでしょう

さらに、リバウンドを繰り返すことで、痩せにくい体になってしまいます。

ダイエットは、ただやみくもに頑張るのではなく、ダイエット終了後も視野に入れて、計画的に、かしこく取り組むのが成功のカギです。

リバウンドには必ず原因があります。

どのような理由でリバウンドしてしまうのかを知ることで、リバウンド対策にもつながります。

リバウンドの3つの原因とその対策について紹介します。

広告

リバウンドの原因1「栄養不足」

ダイエットは、食事の管理なしでは実現できません。しかし、

ほとんどの人は、ダイエット中は食べる量を減らしたり、高カロリーな太りやすそうな食べ物は避けていますね。

もちろん「量を減らす」「高カロリーを避ける」のは非常に大切ですが、対策をせずに食事を制限すると、栄養不足におちいります。

結果にコミットする、あの有名なダイエットも、実は食生活の管理がメインですが、栄養不足にならないようにしつつ、筋トレでカロリー消費を促進するという効率の良いやりかたを、トレーナーの管理下で実践しています。

糖質制限ダイエットはリバウンドしやすい

糖質(または炭水化物)を制限する、話題の糖質制限ダイエット。

大幅な減量が期待できるとして、有名人をはじめ、多くの人がチャレンジしているダイエットの方法です。

しかし、糖質制限ダイエットは、非常にリバウンドしやすいダイエット方法です。

ごはんや麺類、パンなどの糖質(炭水化物)は、主食としてエネルギーのメインとなる糖質を多く含む食べ物です。

メインのエネルギーになっている糖質を、いきなりやめてしまうことは多くの弊害があります。

弊害のひとつめは、便秘になりやすいということ。糖質には食物繊維が豊富に含まれています。また、全体的に食べる量が減ることで、便の元になる材料も減ってしまいます。

糖質を制限することは、便秘になるリスクが高いことを知っておきましょう。

弊害の2つめは、糖質制限はストレスが溜まりやすく、ドカ食いに走ってしまう危険があります。

糖質を制限した後に、糖質を食べることで血糖値が急激に上昇し、食欲をコントロールすることが難しくなり、食生活が不安定になります。

糖質制限ダイエットは、便秘、ストレスが溜まりやすくなる、食生活が不安定になる「ドカ食い」になる危険性があり、リバウンドしやすいということを知っておきましょう。

栄養不足による体調不良

あたりまえですが食事量を減らすということは、体に必要な栄養も不足します。

体の機能を正常に保つための栄養素やビタミン類は、通常の食事でも不足すると体調悪化の原因になりますが、食事制限をするとさらに悪化する危険があります。

・・不足しやすい。不足すると貧血と思われますが、実は、体のエネルギー生産に大きく関わっていて、不足すると痩せにくくなったり、肌の調子が悪くなったりします。(しじみ、レバー、小松菜などに多く含まれる)

カルシウム・・不足すると、骨や歯など体の部分から補充されてしまうため、骨や歯の健康が維持できなくなります。また、神経の伝達や筋肉の動きに関わっていて、不足すると疲れやすくなったり、花粉症などのアレルギー症状が出やすくなったりします。(魚介類、海藻、小魚に多く含まれる)

亜鉛・・不足すると、細胞の代謝が低下し、肌荒れや情緒不安定、味覚障害やうつ症状の原因になります。体内で300以上の酵素反応に関与しているといわれている重要な栄養素です。(肉、魚介類、野菜、豆、卵黄などに含まれる)

その他にも、体の調子を整えてくれるビタミン類には、疲労回復効果や代謝を促してくれる効果があり、不足すると様々な症状が悪化します。

体調の悪化が続く、食事制限ダイエットは継続できません。結果的にリバウンドすることになってしまいます。

必要な摂取量については個人差がありますが、食事量を減らしたときこそ不足しがちな栄養素やビタミンをサプリメントなどを活用して摂取することをおすすめします。

リバウンドの原因2「筋肉量の減少」

「これ以上太くなりたくない」
「ムキムキになるのは嫌だ」

という理由から、筋トレを避けてしまう人も多いでしょう。

しかし、これもリバウンドの大きな原因になっています。筋肉量とリバウンドの関係について見ていきます。

筋肉量の減少による基礎代謝の低下

呼吸や内臓の働きなど、生命維持活動で消費するエネルギーを「基礎代謝」と呼びます。

基礎代謝は性別や体温、内臓の働きなど人によって差があり、さらに筋肉の量や体重によっても増減します。

ダイエットをして筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝も減少します。

そうすると代謝してくれるカロリーが減り、普段の生活で消費しきれないエネルギーは、脂肪として徐々に体に蓄積されるのです。

筋肉が減り脂肪がついたリバウンドの場合、体重が元に戻ったとしても基礎代謝量がリセットされたわけではありません。

筋肉量が落ちて、より痩せにくく太りやすい体に変わってしまう危険もあるのです。

リバウンドの原因3「生命維持機能」

人間が本来持っている、生命維持機能「ホメオスタシス」がリバウンドの原因になっています。

生命維持機能(ホメオスタシス)

人間には「ホメオスタシス」といって、体の状態を一定に維持する機能があります。体温を一定に保ったり、有害なウイルスなどを体内から排除し、生命を守ったりしてくれるとても大切な機能です。

急激なダイエットを行うと、体は危険を察知し、ホメオスタシスが働かせます。

急に体重が減った直後はホメオスタシスが働き、元の状態に戻りやすく、体を省エネモードにすることで、少ないエネルギーでもしっかりと体に蓄えてくれるようになるのです。

また、我慢するダイエットではストレスも溜まりやすくなります。

ストレスが原因で食べてしまえば、元に戻りやすい状態との相乗効果で、一気にリバウンドしてしまうというのが、よくある失敗例です。

リバウンドの対策

リバウンドしないための対策を紹介していきます。冷静な判断と正しい知識で取り組むダイエット計画が、一番のリバウンド対策になります。

リバウンドしない食生活

栄養不足のところでも触れていますが、急激に食事の量を減らしたり、抜いたりするとリバウンドのリスクが高まります。

ダイエット中に脂質を抜くと、ビタミンの吸収が足りなくなっていまいます。

むやみに食べ物を控えると、ダイエットには逆効果になりますので、栄養をバランスよく、色々な食材を摂ることを意識してみてください。

特に、不足しがちな食物繊維やビタミン、ミネラル類をしっかり摂れるような食事が理想です。

当日(炭水化物)も、量を控える程度にして、一切摂らないという極端な方法は控えた方が無難でしょう。

激しい運動はしない(栄養不足にならない運動)

運動することでエネルギーだけではなく、たんぱく質や脂質、汗をかくことなどでミネラル減少します。

長時間の激しい運動が原因で栄養不足に陥ってしまうのは本末転倒ですね。

もちろんダイエットには運動は必要不可欠といえるでしょう。しかし、リバウンド対策を考えると、激しすぎる運動は控えた方がよさそうです。

アスリート並の激しい運動は、しっかりと考えられた栄養補給があってこそです。

ダイエット目的の一般の人がいきなり激しい運動を始めても、疲労感も増して日常生活にも支障がでやすくなります。

量や時間を調整しながら、無理のない範囲で行うことをおすすめします。

時間をかけて体脂肪を落とす(3ヵ月で体重の5%が目安)

ホメオスタシスの効果を和らげるためには、ゆっくりとした変化が理想です。

対策としては、減量の目安として3ヵ月で体重の5%程度に抑えておきましょう。体重が60キロの人なら、3キロ程度を月に1キロずつペースがよいですね。

ゆっくりとした変化を加えることでホメオスタシスの働きを抑えて、リバウンドのリスクも少なくなるでしょう。

リバウンド対策の実例が紹介されている動画

※ヨーグルトの大量購入はこちらが便利 ⇒ meijiメーカー直入荷販売

 

関連記事

巷では、おしゃれで格好いい筋トレ女子が人気!カリスマトレーナーや芸能人でもSNSなどでトレーニング中の投稿も増えてきています。「筋トレは男性のもの」というのは一昔前の話で。とはいえ、女性ではムキムキの大きな体を作るのではなく、人気なのは美[…]

まとめ

ダイエットとは切っても切れないリバウンド。まずはリバウンドの原因を把握し、無理のないダイエット計画を行うことが大切です。

ダイエットとリバウンド対策はセットして考えていきましょう。そうすればダイエットの成功率はぐっと上がります。

せっかくダイエットに成功しても、元に戻ってしまったり、痩せにくい体になってしまっては元も子もありませんね。

原因と対策を練ってかしこくダイエットを行いましょう!

 

スーパーフードや使ってみたい!今おすすめのダイエットグッズが大集合!

最新情報をチェックしよう!
広告