筋トレがメタボ体型から脱出するダイエットの中で最も効率的です。なぜなら、毎日の食事で吸収したカロリーの大部分は筋肉を動かすことで消費するからです。筋トレ初心者でも最速で効果絶大のメニューの秘訣を紹介します。

骨ストレッチで腰痛や肩こりを解消!

「骨ストレッチ」とは腰痛や肩こりを改善できる、筋肉ではなくて骨の使い方を知ることで身体と心をラクにしていくメソッドというのが特徴です。

日本代表クラスのトップアスリートからアマチュアまで、多くのスポーツ選手が実践し、いま大きな注目を集めています。

骨ストレッチの特徴は一般的なストレッチに比べて『頑張らなくてもできる』を重視したストレッチですが、柔軟性や腰痛の改善など効果が認められています。

一体どのようなストレッチなのでしょうか?

広告

骨ストレッチとは

そもそも骨ストレッチとは何でしょうか。

それはスポーツトレーナーの松村卓さんが考案した『骨を意識しながら行うストレッチ』のことを指します。体の筋肉ではなく骨格を重点的に動かすことによって、全身の柔軟性や筋肉を向上させる方法です。

骨を意識して動かすことによって、過剰に筋肉を使うことなく効率的に体幹を刺激することで体に無理のないストレッチを可能にしました。

骨ストレッチの特徴としていつでもどこでも出来るほか、特別な機材も不要のため誰でもスキマ時間に行えます。

また、筋肉トレーニングといったような力を必要とせず、体の骨格に沿って動くだけで良いため非常にシンプルです。

骨ストレッチは体の硬い人でもでき、全身の筋肉を使うことができるため、柔軟性や運動性に良い影響を与えることや、腰痛や肩こりなどにも効果的とされます。

まずはどのようなものかをご確認ください。

骨ストレッチの効果

骨を意識して行う骨ストレッチですが、実際にどのような効果が期待できるのでしょうか。

科学的な仕組みについては、現在京都大学で骨ストレッチの研究が2017年末から始まっていますが、生理学的なものについては未知の状態です。

外部リンク:スポーツケア整体研究所

強いて言えば骨に適度な衝撃を与えることで、骨の新陳代謝で知られる骨芽細胞を活性化させることにより強い骨を形成を作るとされています。

実際やってみた人のレビューを元に効果をまとめてみました。

全身のバランスを整える

体の重点となる骨を中心に動かすため、骨に沿った全身の筋肉を使うことができます。普段あまり動かさない部位にも刺激を与えることができるため、偏りのない筋肉を付けることができます。

そ体の歪みを治すことにつながり、猫背対策などにも有効です。

動きの可動域を広げる

骨ストレッチは骨格に沿って体を動かすため、筋肉を無理に使って体を伸ばさないのが特徴です。

適度な負荷によって筋肉の柔軟性を高めることや、骨と連動して関節も動かすことにより可動域を向上させることができます。

腰痛・肩こりなどの改善

肩や腰など、ポイントに合わせて筋肉を刺激することができるため、腰痛や肩こりの防止ができます。

それは筋肉をほぐすことで痛みの改善につながるからです。痛みの原因の1つとして筋肉が硬いことに滑らかに動かしにくいことが挙げられます。

I.P.F.研究所主宰の磯崎さんによると、普段スライドで動かすことができる筋肉と筋膜が癒着することにより動きが悪くなると指摘しています。

なぜなら同じ姿勢で長時間作業をすることで発生するため、デスクワークの人は特に肩や腰にダメージが及ぶからです。

コリ固まった部位を柔らかくすることで痛みを防止できるため、筋肉の柔軟性を高める骨ストレッチは腰痛や肩こりの改善に役立てることができます。

ダイエット

骨ストレッチをすると体がポカポカしてきます。それは体の血流が改善されている証拠です。

血流がよくなれば代謝能力も向上します。また、体幹の向上にも期待できるため、インナーマッスルを鍛えられることにより筋肉による基礎代謝の向上にもつながります。

小顔にも効果があるといわれますので、ぜひ実践してみてください!

骨ストレッチのやり方

骨ストレッチのポイントをおさえ、より効果的に実践しましょう。

頑張り過ぎないがちょうどよい

体は緊張しているときよりリラックスしているときの方が動きがよくなるからです。

例えば筋肉トレーニングをする際でも呼吸は重要です。なぜなら呼吸することで筋肉を伸縮効果を上げることで柔軟に筋肉を使えるようにするためです。

笑顔で骨ストレッチをする

リラックスこそ柔軟動きを出しやすくするとされます。人は意識的に笑顔を作ることでも気持ちを前向きにさせる効果があることが証明されています。

それはリラックスにつながるため、笑顔で骨ストレッチをすることが効果的です。

長時間しない

長い時間実施することは悪いことではありませんが、途中から筋肉を無理に使って行う恐れがあります。

軽い気持ちで行うには2分で十分とされるため、長時間実施よりもスキマ時間を使って1日に複数回することが望まれます。

 

骨ストレッチはランニングにも効果的!

効率よくランニングするにはどうすればいいでしょうか。

腕の振りや姿勢、足の使い方など考え方は様々ある中、骨ストレッチ考案の松村卓さんは江戸時代の飛脚をヒントに得ました。

飛脚は1日に100~200kmを走っていたそうで、それには訳があると着眼したのです。

結論から言うと体幹を使って走ることが効率よくランニングできると言います。それは筋肉の動きを限りなく減らすことで、体に負荷をかけないからです。

骨ストレッチは体の柔軟性や体幹の向上に期待ができることから、ランニングにも効果的と言えます。

まとめ

いかがでしょうか。今回は松村卓さんが考案しました骨ストレッチについてまとめました。

骨ストレッチは全身の筋肉や関節の可動域を上げるだけではなく、腰痛や肩こり、運動にも効果があるとされています。

方法もいたってシンプルなものばかりなので、自宅でも勤務中の空き時間で実施できます。

毎日健康に過ごすために骨ストレッチを始めてみてはいかがでしょうか。日々の積み重ねが、今の自分をより良い方向へ導いてくれるでしょう。

今なら50%OFFで「骨ストレッチ」が読める
試し読みもできる国内最大級の電子書籍ストアBookLive!
>>詳しくはこちら

関連記事

・腹筋は毎日するべき?女性のくびれができない原因と対策を紹介
・女性におすすめ|筋トレゴムバンドの効果とメニューの作り方!
・パーソナルジムを東京で探す!女性専用のおすすめは3つだけ?
・マッサージジェルの効果を勘違いしてませんか?正しい使い方は?
・腹筋を割る女子に!簡単に実践できる女子用の腹筋動画ベスト3

最新情報をチェックしよう!
広告