筋トレの効果的なメニューや食事、頻度など、世の中で新常識といわれる情報を紹介します!

スクワットとかかと落としの効果とやり方とは

世の中には色々な健康法やトレーニング方法があふれています。テレビや雑誌、ネットなどから情報を得ることが可能な現在、どの方法をチョイスしたら良いのか悩んでしまいますね。

選び方の基準は人それぞれではありますが、迷ったときは「誰」が言っているかを重視して選ぶのひとつの方法でしょう。

雑誌やテレビなどでも取り上げられてじわじわと人気が出ている「スクワットとかかと落とし」もそのひとつです。長野県の医師が提唱する健康方法で、医師自身も結果を出しています。

今回は、この「スクワットかかと落とし」について効果や具体的なやり方などについて調べてみました。やり方もシンプルで簡単。効果も医師のお墨付きです。もちろん詳しい内容は本を読むのが一番ではありますが、読む前のはじめのステップとして参考にしてみてくださいね!

広告

スクワットとかかと落としとは?

「スクワットとかかと落とし」とは、医師である鎌田賽氏が提案している健康法です。やり方も簡単なエクササイズで、筋肉の維持と向上&骨の健康をアップ。ダイエットにも効果なエクササイズです。

カツ丼、カレーライス、揚げ物が大好きと話す自身も三年間で体重マイナス9キロ&ウエストマイナス9センチを達成し、太りにくく疲れにくいカラダを手に入れるという驚きの結果を得ています。

現在は長野県にある諏訪中央病院の名誉院長をつとめている鎌田医師。40年以上も地域と一体になった医療や食生活の改善、健康意識を普及させる活動を行っています。ちなみに、長野県といえば長寿の県としても有名です。

長野県を長寿の県に導いたのは鎌田医師の活動のおかげとも言われているほど、多くの実績をあげているのです。

スクワットとかかと落としの効果は?

筋トレに代表される筋肉に刺激を入れながら行うやり方のエクササイズ。

筋肉を動かすことで分泌されるホルモンは、脂肪燃焼などのダイエット効果があることが一般的に知られていますが、それだけではなく血糖値をさげたりカラダの中で起こる慢性炎症を減らして、動脈硬化を予防する効果も判明しています。

また、認知症やがんなどを減らしているという推測もあります。脚の大きな筋肉を動員することで、これらの効果を最大限に発揮するのがスクワットなのです。

かかと落としの一番の効果は、骨への刺激です。かかとに衝撃を与えることで骨に刺激を入れて、骨密度を上げる効果が期待できます。

ジャンプなどの動作が骨密度を上げて骨粗鬆症を予防するというのは有名な話ですが、ある程度の年齢になるとジャンプ自体に怪我などのリスクが存在します。

かかと落としは安全に行える骨粗鬆症予防のエクササイズとしても注目されています。

スクワットとかかと落としのメリットは

続いて、スクワットとかかと落としのメリットについて考えていきましょう。

簡単にできる

ふたつの種目の具体的な方法はこのあと記載していますが、やり方はとても簡単です。複雑な動作なく、ほとんどの人が一度で覚えることができるようなシンプルな動きなので、やりやすいのもメリットでしょう。

手軽にできる

スクワットもかかと落としも、特別な器具などは必要ありません。どこでもできる手軽さも魅力。時間もあまりかからずにながら運動としてもおすすめのエクササイズです。

楽にできる

両方の種目ともに、そこまで強度が高いエクササイズではありません。特にかかと落としの方はほとんど疲労感がないのに効果的という夢のエクササイズでしょう。

スクワットとかかと落としのやり方のポイント

続いてそれぞれの種目の具体的な方法とポイントをチェックしてみましょう。

スクワットのやり方のポイント

スクワットは脚の大きな筋肉を動員するという理由から、ダイエットや健康法として取り入れている人も多いのではないでしょうか。

通常のスクワットと鎌田式のスクワットの違いはそのスピードです。大きなポイントはふたつ。

ひとつめのポイントは「ゆっくりと行う」ということ。息を吐きながら椅子に腰掛けるようにゆっくりと沈み込んでいきます。

ふたつめは「戻るときに静止する」ということです。具体的には、一番沈んだ位置で5秒間静止し、5センチ戻るごとに各5秒間静止していきます。

おおよそ4回繰り返して元の位置に戻るというのが一連のエクササイズになっています。

かかと落としのやり方のポイント

かかと落としはスクワットよりも簡単。軽く背筋を伸ばして、不安定な場合は何かを支えにして手をつきます。そのままかかとを持ち上げて約3秒キープしたあとにストンとかかとを落とすだけ。

これを1日に30回ほど行います。はじめは2~3センチくらいの高さから始めると安心です。慣れてきたらテレビを見ながらなど「ながら運動」として行うのも続けやすいのでおすすめです。

まとめ

以上、スクワットとかかと落としの効果やメリット、具体的なやり方やポイントをご紹介してきました。

簡単にはじめることができ続けやすいエクササイズです。より詳しく知りたい人は、ぜひ本を手に入れて読んでみてくださいね。


最新情報をチェックしよう!
広告