筋トレしても体重が変わらないのはなぜ?

「筋トレしても体重が全然変わらない!!なぜ?」と、ダイエットで筋トレをする人が悩みがちな「よくある疑問」について解説していきます。

ダイエットは漠然と「痩せたい」と考えているだけの人が多く、「体重」が一番わかりやすい「痩せる」の指標になっていることが一番の問題です。

痩せる=「体重が落ちる」だけで本当に満足するのでしょうか?今回は、筋トレしても体重が変わらない原因、効果的な方法を紹介します!

広告

筋トレしても体重が変わらない原因は?

なんとなく、ダイエット→運動→筋トレでしょ!と選んでしまう筋トレ。

では、なんのために筋トレをするのでしょう?

ダイエットとして筋トレをする人の目的は、筋肉をつけること。

筋肉をつけることによって「体を引き締め」「見栄えを良くし」「代謝を上げる」などの効果があります。

しかし、大変な思いをして筋トレに励み、筋肉をつけても体重が変わらない、という壁にぶち当たるのです。

原因として考えられることは、

  • 筋肉は脂肪より重い
  • 食べる量(摂取カロリー)が多い
  • すぐには効果が出ない

この3つが原因となり、筋肉をつけても体重は変わらないのです。さらに詳しく見ていきましょう。

筋肉は脂肪より重い

例えば、同じ大きさの箱に筋肉と脂肪をそれぞれ詰めていくと、筋肉の箱が重くなります。3キロの筋肉と、3キロの脂肪を比較すると、筋肉の方が小さく、脂肪の方が大きいということ。つまり、同じ体重でも脂肪だと大きく見えます。

イメージはできましたか?

これを人間の体で例を挙げると、日々筋トレをしている50キロの人と、特に何もしていない50キロの人の見た目を比べると、同じ体重でも、筋肉がついている人が痩せて見え、脂肪がついている人は太って見えるわけです。

したがって、

体重だけで「痩せているか」は判断できません。

筋肉がついていれば、体重が重くなります。

脂肪が落ちれば、体重が軽くなります。

筋肉がついて、脂肪が落ちていれば、体重が変わらないことがあります。逆に体重が増えることもあります。ただし、見た目は太っていません。

体脂肪率で痩せているか判断する!

体における脂肪の割合は体脂肪率(たいしぼうりつ)で確認します。

「体脂肪率」は、見た目で気になる皮下脂肪のほか、内臓脂肪も含みます。

筋トレをしても体重が変わらない!モチベーションが上がらない!場合は、体重ではなく体脂肪率を指標にしてください。

一般的に、男性では10~15%、女性では20~25%が平均とされています。筋肉が少ない人は体脂肪率は高く出るでしょう。

また、見た目が痩せている人や、体重が軽い人でも、内臓脂肪が多い場合があります。この場合も、体脂肪率が高く出ます。よく聞く「隠れ肥満」がこのタイプです。

体脂肪率とあわせて、体重を変えるためには、運動とバランスのいい食事からアプローチしていく必要があります。

食べる量(摂取カロリー)が多い

筋トレをしてから食べる量(摂取カロリー)が増えていませんか?

スポーツジムやフィットネスクラブに入会し、筋トレや水泳、ダンスなどトレーニングを継続しているにもかかわらず痩せない人の最大の原因は「食べる量(摂取カロリーが増えている」ことが原因です。

「トレーニングしたから大丈夫!」と言い訳をしながら、食べる量が増えていきます。

考えてみてください。今まで消費カロリー以上に食べる量が多いから太ったのに、それ以上食べると絶対に痩せません。

頭ではわかっていると思います!脂肪を減らすためには、食べる量(摂取カロリー)以上に運動量(消費カロリー)を増やすこと。これが鉄則です!!

すぐには効果が出ない

無理せず効果を出すには、3か月程度かかります。

筋トレに限らず、今の生活に支障がなく継続して効果を実感するまでに3か月程度かかると思ってください。

筋トレ中心の生活を1ヵ月全力でやれば、当然それなりの効果がでます。しかし、それには大きな負担やストレスなど無理がかかります。

まずは無理がかからない範囲で筋トレを生活の一部にまで習慣化し、その上で筋トレの強度や時間、食生活をコントロールすれば確実に効果がでますので焦らないようにしましょう。

短期間で体重を減らす方法

単純に、体重を減らしたい、数字だけでいい、見た目はどうでもいい。

そんな方は、食事の量を最小限に減らし、ランニングやウォーキングといった有酸素運動をひたすら行えば、確実に体重は減ります。

しかしこれだと、筋力不足によって「ひざ」や「腰」を痛めます。また、栄養不足による「めまい」「集中力不足」などの体の不調が出てくるでしょう。

これは「痩せる」というより「やつれる」に近い状態ですね。。

体重が変わらないからといって、この方法はオススメできません。筋肉が落ち、基礎代謝がどんどん下がってしまい、太りやすい体質になってしまい「リバウンド」の原因になります。

痩せる手段に「筋トレ」を選ぶ人は「美しいボディラインなりたい」はず。短期間の食事を極端に減らすダイエットはやめましょう!

筋トレで基礎代謝を上げ、美しいボディに!

筋トレを継続して実施すると「基礎代謝」が上がります。基礎代謝は人間が生きているだけで消費してくれるカロリーのことです。

寝ているだけでもエネルギーを使ってくれます。何もしなくてもカロリーを消費してくれるので、この基礎代謝が上がればダイエット効果が高まります。

基礎代謝は筋肉の量と動かす時間によって決まります。筋肉の量を増やすには時間がかかりますが、長期的に考えるとやはりダイエットに筋トレは欠かせません。

運動を始めたばかりの方におすすめなのが、大きな筋肉から鍛えることです。

大きな筋肉を鍛えると、周りの小さな筋肉も一緒に連動して動くため、小さな筋肉も一緒に鍛えることができます。

大きな筋肉とは、太もも、おなか、背中、お尻で、美しいボディライン作るために必ずやっておきたい部分。このあたりから筋トレを始めると、より効率的なダイエットになることが期待できます。

広告

食事+有酸素運動+筋トレが最強の方法

筋トレだけを頑張るのもいいですが、やはりバランスが最も重要です。

「痩せる」「体重を減らす」ことが目的であれば、以下の順にバランスをとって取り組めば、より早く、より効果的に、効率的に目標達成します。

 

食事のコントロールが最も重要です。

ちなみに◯◯ザップの「目標にコミット」するためには、ライザッ◯に入会する時に、食事のコントロールをコミットさせられます。つまり、食事のコントロールなしでは絶対に痩せないのです。

食事を減らしすぎると体の不調になりますので、必要な栄養素を含めた低カロリーの食品を選ぶ方法もあります。→1食あたり58kcal!置換ダイエットに最適なスムージー


次に有酸素運動です。

消費カロリーを増やすのに効率的なのは、20分以上の有酸素運動です。時間をかければかけるほどカロリーは消費しますが、どれくらいやればいいのでしょうか。

それは、摂取カロリー(食べる量)が少なければ少ない時間、摂取カロリー(食べる量)が多ければ長い時間やること。要はバランスです。

食べる量に合わせて、有酸素運動の時間を調節することが最善策です!!

 

そして最後に、基礎代謝を高めるための筋トレです!

以上3つのバランスによって最強の痩せるプログラムが完成します。いくら優秀なインストラクターでもベストプログラムは組めません。実践を繰り返しながら調整することで徐々にベストプログラムに進化していきます。

関連記事:女性初心者の効果がでない原因と対策を徹底解説!

まとめ

筋トレしても効果がでないのではなく「体重が変わらないだけ」ということを、おわかりいただけましたでしょうか?

ダイエットの目的は漠然と「痩せたい」「体重を減らす」ではなく、もっと具体的に「くびれボディを作るためにウエスト◯◯cm」とか「体脂肪率◯◯%」など、明確にしていきましょう!

体重が変わらなくても、トレーニングはやれば必ず効果がでます。食事のコントロールを最優先にぜひ実践してみてください!



関連記事

・レディース用の加圧シャツをお探しの方はこちら
・そる腹筋のやり方と効果を知る!口コミも紹介

・しりぺん体操のやり方と効果を知る!口コミも紹介

 

最新情報をチェックしよう!
デオスピード×デオエース×デトランス
UNIVA DIET -DELUXE- デラックス
広告