筋トレでベルトをつける意味は?最大に効果をだすため?

ジム筋トレでベルトを巻いている人がいます。ウエイトリフティングなど、テレビなどで一度はトレーニングベルトを巻いた選手を見たことがありませんか?

このベルトは「トレーニングベルト」といって、主に高重量のウエイトを使って筋トレするときの必要アイテムです。

「つける意味は?、つけるとどうなるの? 、腰痛の対策かな?」

と様々な疑問がある人もいるかと思いますが、

ベルトをつけるのにはしっかりとした意味や効果があります。

今回は、筋トレに使うトレーニングベルトについて、つける意味、効果、おすすめのベルトを紹介します。

広告

筋トレでトレーニングベルトをつける意味

筋トレのとき、トレーニングベルトを使用する意味は以下の3つです。

  • 怪我の予防になる
  • 筋トレ効率がアップする
  • 安心感になる

これらの意味について、もう少し詳しく解説していきます。

ケガの予防になる

トレーニングベルトを使用する事で、腹筋や背筋だけではしきれない背骨のサポートをしてくれるという役割を担います。

脊椎(せきつい)の肋骨下から骨盤までの腰椎(ようつい)という背骨にあたる部分は、体の構造上、非常に不安定になります。

の不安定をサポートするのが腹筋や背筋です。

日常生活レベルの重いものを持つ場合は、なんとか自分の筋肉でサポートできますが、筋トレでウエイトを持ち上げる場合、背骨の特に腰の部分に大きな負荷がかかってしまいます。

最悪、腰の椎間板(ついかんばん)ヘルニアになったり、腰痛が悪化して筋トレどころではなくなってしまいます。

以上により、トレーニングベルトをつけるのは筋トレ中に不安定な姿勢になっても腰を安定させ、ケガの予防になるという大きな意味があります。

筋トレ効率がアップする

トレーニングベルトをつけることで、筋トレ時のフォームや体の軸が安定するため、鍛えたい部分に意識を集中することができます。

意識を集中することができれば、筋トレ効率は格段にアップします!

トレーニングベルトは、これ以上締める事ができない!と思うまでしっかり腹部を締めつけるように取り付けます。

締めつけることで、腹圧(ふくあつ)が上がり、少し腹筋や背筋に力を入れただけで、お腹や腰に力が加わり「ビシッ!」とウエストまわりの筋肉が固まった感覚になります。

これが安心感につながります。

安心感になる

ウエイトを扱う筋トレは怪我と隣り合わせです。「転ばぬ先の杖」としてトレーニングベルトをつけることをおすすめします。

「私はまだ初心者だから大丈夫!」と思うかもしれませんが、筋トレを始めたばかりだからこそトレーニングベルトの必要性を知ってほしいです。

筋トレに慣れてくると、さらに効果を高めるために「もっと重い重量にチャレンジしたい!」と必ず思います。その時には、すでにトレーニングベルトの正しい使い方を実践し、使い慣れているようにしておきましょう。

トレーニングベルトを使い慣れると、精神的に安心して筋トレに集中できるので、しだいに必須アイテムになります。高重量を扱う筋トレをする場合は必ずつけるようにしましょう!

ベルトの筋トレ効果

筋トレで、筋肉を成長させる方法の1つに「過負荷の原理」があります。

過負荷とは、筋肉により多くの、今もっている力以上の過剰な負荷を与えることを意味します。

筋肉に強い負荷を与えると、次に同じ負荷をかけた時でも耐えれるように筋組織が反応し、より強くなろうとします。

これが、筋肉の成長になっていきます。

という事は週3回の筋トレでも毎回同じ重量や、回数では大きな成長は望めません。

なので、少しずつ重量を上げていきますが、そのぶん怪我の可能性も上がっていきます。

経験が長い方でもハードに筋トレをしていると、フォームが崩れてしまう事もあり、怪我をしてしまう事もあります。

トレーニングベルトをしていれば、筋トレ時のフォーム崩れの防止に加え、怪我の予防となります。

また、体幹をサポートし、バランスを崩しやすいスクワットやデットリフトを行うときも腰を安定させることが可能です。

これにより、自身の扱える重量が上がり、筋トレの効率もグンと上がる事でしょう。

トレーニングベルトの種類

トレーニングベルトには大きく分けて、ナイロン製と革製があります。

ナイロン製ベルト

ナイロンベルトは初心者の方におすすめです。

固定方法がマジックテープタイプで体へのフィット感が強く皮製品に比べてホールド力は落ちますが、女性や初心者の方などの少ない強度のトレーニングに向いているベルトです。

皮製ベルト

皮製ベルトは、がっちりトレーニングするなら断然おすすめです。

皮ベルトの中でも種類があって、バックルのピンが1本や2本のものがあり個人的には2本の方ががっちり固定されます。

ベルトの幅も幅広の方が全体をしっかりホールドされてパワーをしっかり伝える事ができるます。

おすすめのトレーニングベルト、値段

 

Harbingerの女性用トレーニングベルト

ナイロン製で着脱が簡単なうえ、それでもしっかりホールドしてくれます。価格の方も2,000円前後で買えるので、女性におすすめのアイテムです。

レディース用の加圧シャツをお探しの方はこちら

 

定番のゴールドジムのレザーベルト

こちらは、たくさんの方が愛用している人気のあるベルトになります。皮の硬さやつけ心地が優れているのが特徴で、価格は5,000前後でベルト選びに外せないオススメのアイテムです。

まとめ

トレーニングベルトには、様々な効果、意味があって使用している事が分かっていただけたと思います。

  1. 怪我の防止
  2. 筋トレ時の効率アップ
  3. 精神的安心

 

私も経験がありますが、筋トレしていて筋肉痛とは違う痛みがある場合は要注意です!

特に腰に違和感や痛みがあるような怪我をしてしまっては、日常の生活はもちろんの事、トレーニングなんてできる状態ではありません。

医師の診断を受け、完治するまでは筋トレはできなくなります。せっかくここまでやってきたのに、また1からトレーニングしないといけない。。など、なんとも言えない挫折感を感じる経験をしました。

トレーニングベルトをして、弱い関節部分をしっかり保護しながら筋トレをしていくうちに、高重量を扱えるようになりました。

特に初心者の方はトレーニングベルトを使用する事に抵抗があるかもしれませんが、今後にレベルアップを目指すなら、是非つけるようにしてください!

関連記事

・レディース用の加圧シャツをお探しの方はこちら
・メニューのせい?女性初心者の効果がでない原因と対策
・筋トレの効果的なメニュー作成のコツ!(男性初心者)
・そる腹筋のやり方と効果を知る!口コミも紹介

最新情報をチェックしよう!
デオスピード×デオエース×デトランス
UNIVA DIET -DELUXE- デラックス
広告