筋トレの効果的なメニューや食事、頻度など、世の中で新常識といわれる情報を紹介します!

奥川恭伸の筋肉は筋トレでどう作る?

プロ野球ドラフト1位候補の奥川恭伸(おくがわ やすのぶ)投手(星稜高校)が夏の甲子園で大活躍をしました。

そのパフォーマンスはまさに超高校級!その力を引き出すためには、どのようなトレーニングを行なっているのか気になるところです。

星稜高校が実践している筋トレや奥川投手の速球の秘密を知りたいと思いませんか?

この記事は、奥川恭伸さんの力がどのように養われているかをご紹介します。

広告

奥川恭伸さんの身体スペック

まずは奥川恭伸さんの身体スペックについてです。

身長183cm、体重82kg 。高校3年男子の平均身長170.6cm、平均体重62.6kgと比べるとかなり大柄な体格ですが、これまでの有名投手と比べれば普通に見えてしまいます。

例えば、ダルビッシュ 有196cm・102kg、大谷 翔平193cm・95kg 、田中将大191cm・98kg、前田健太185cm・84kgです。

また、遠投110m、50m走は6秒5と身体能力の高さもありますが、奥川恭伸さんの持ち味は、なんと言っても速球です。

これまでの速球のMAXは以下の通りです。

  • 高校1年 2017北信越大会 146km/h
  • 高校2年 2018春のセンバツ 144km/h
  • 高校2年 2018夏の甲子園 150km/h
  • 高校3年 2019夏の甲子園 158km/h

甲子園に出場した高校2年で150キロ以上は田中将大、大谷翔平、安楽智大に続いて史上4人目という記録を打ち立てました。

そして、翌年のドラフト有力候補として早くも12球団からスカウトが派遣されて注目を集めます。

このような実践を出した奥川恭伸さんは、どのような筋トレを積み重ねてきたのでしょうか?

奥川恭伸さんの筋トレエピソード

奥川恭伸さんの母校、星稜高等学校は元ヤンキースの松井秀喜さんやサッカー元日本代表の本田圭佑さんがOBのスポーツでかなり有名な学校です。

野球部は1962年の学校創立の年に創部し、野球部の室内練習場やトレーニングルームを完備している環境で、最近は筋トレやエルゴメーター(ボートこぎのトレーニング)に時間を割いています。(以下は2018年に紹介された練習場)

奥川恭伸さんは石川県のかほく市から金沢市の星稜高校まで1時間ほどかけて、電車で通学しています。その間、奥川恭伸さんはバインダークリップをつまみながら電車に乗っているそうです。

毎日地道に繰り返すことにより、指でつまむ力が強くなって正確なコントロールへと結びついているとのこと。コントロールの良さに定評がある奥川恭伸さんだから真実味があります。

このように奥川恭伸さんの真の強さは、真面目で謙虚な性格にあります。中学校時代の監督が「とにかく謙虚だった」と話すほど。どんなトレーニングであっても手を抜くことなく、継続して取り組むからこそ結果を残すことができるのでしょう。

奥川恭伸さんの筋トレについて

星稜高校が実践する主な筋トレは、以下の3つです。

  • 体幹トレーニング
  • ウエイトトレーニング
  • エルゴメーター

体幹トレーニング


出典:高校野球ドットコム

体幹トレーニングは、日本を代表するプロトレーナーで体幹トレーニングを世の中に広めた木場克己氏が、元千葉ロッテなどプロ野球選手で活躍した小宮山悟氏と「野球のための体幹トレーニング」を提唱しています。

体幹トレーニングは、サッカー日本代表の長友佑都さんが実践して有名になり、今では小学生でも怪我の予防やパフォーマンス向上のために実践しています。

星稜高校野球部は、上の写真のような体幹トレーニングを6種目を1分間2セット実施しているそうです。

ウエイトトレーニング


出典:高校野球ドットコム

星稜高校にはトレーニングルームが完備され、野球部はウエイトトレーニングに多くの時間をかけています。

最近ではプロ野球選手はあたりまえのように、以下の動画のようにウエイトトレーニングを実施していることもあり、高校でも実践しているところが増えてきました。

エルゴメーター


出典:高校野球ドットコム

星稜高校には2018年にセンバツ出場を決めた際に、OBである巨人の北村拓己さんから寄贈されたトレーニングマシーンのエルゴメーターがあります。

このマシンはボート競技の動きを再現したもので、下半身、上半身や体幹といった全身を使ったトレーニングが可能です。

トレーニング方法は以下の動画を確認してください。

奥川恭伸さんのスカウトからの評価

星稜高校野球部は、全国制覇を遂げるまで「必勝」ではなく「必笑」を掲げています。笑顔で大事を成し遂げること目指しています。

甲子園の中継を見ていると、奥川恭伸さんの表情が常に笑顔でいることにお気づきでしょうか?この笑顔は、常に自ら意識して実践しています。

奥川恭伸さんは「常に笑顔でいることで、観客やいろんな人を味方につけられる。野手にも安心感を与えられる」と語っています。

なぜ、奥川恭伸さんがプロ野球のドラフトのスカウトから高い評価を受けるのか? 今年の10月17日に開催予定のドラフト会議で1位競合は間違いないと言われています。

まずは投球の「完成度」。ダルビッシュや田中将大クラスと完成度は同じと評価されているのは、コントロール、キレ、変化球などが素晴らしいこと。

次に「経験値」。中学時代から全国優勝をするなどのこれまでの実績がずば抜けていて、高校卒業後はすぐに即戦力で活躍できる。

そして「潜在能力」と「人間性」。これらの魅力がドラフトのスカウトから高い評価を受けているポイントです。

参考:彼らが速いボールを投げられる理由|奥川恭伸(星稜)編

まとめ

奥川恭伸さんの活躍はプロになっても大きく期待できそうです。まずは夏の甲子園制覇、U18日本代表としての活躍を楽しみにしたいと思います。

参考;ドラフト2019候補まとめ!

関連記事

・筋トレ後のビール(アルコール)は問題あり?
・筋トレメニュー(1週間ジム中心ルーティン)の作り方
・加圧シャツは効果なし?本当に効果があるのかを検証
・パーソナルジムを東京で探す!女性専用のおすすめは3つだけ?
・マッサージジェルの効果を勘違いしてませんか?正しい使い方は?

最新情報をチェックしよう!
広告