筋トレがメタボ体型から脱出するダイエットの中で最も効率的です。なぜなら、毎日の食事で吸収したカロリーの大部分は筋肉を動かすことで消費するからです。筋トレ初心者でも最速で効果絶大のメニューの秘訣を紹介します。

日本人だけが知らない汚染食品とは?

筋トレやダイエット効果的に実践するのは、健康あってのこと。健康を害する食品「汚染食品」が日本で数多く販売されている現状を知っていますか?

知らないうちに、日本の食品は20年前とは全く別ものになっているといわれています。
海外では危険性が広く知られている食品が、日本ではあたり前のように販売されている驚くべき現状、危険な食品を避けるためにどのようにすべきでしょうか。

広告

日本人だけが知らない汚染食品とは?

日本人の半分、2人に1人が「がん」になる時代。その他、アトピー性皮膚炎やアレルギー症状、糖尿病などの生活習慣病が激増してきています。

数十年前には、見られなかった子供の発達障害、自閉症が毎年のように増加しているのが日本の現状です。

これが、普段からの食事のせいだとしたらどうしますか?

例えば、20年前と比較して、日本人の食生活はそれほど大きくは変わっていないと感じますが、知らないうちに別のものになってしまっているといわれています。

海外の基準と比較して、体の健康を害する食品「汚染食品」が、日本で数多く販売されている実態についてを見ていきましょう。

農薬の危険性

農薬の残った野菜を食べ続けると体内に蓄積され、めまいや吐き気、皮膚のかぶれ、発熱がおきるなど、健康に大きな悪影響を与えるます。

日本の食品は、ヨーロッパの基準から見ると信頼度が非常に低く、下の下、問題外といわれるほど厳しい状況であるようです。

ヨーロッパの友人から聞いた話ですが、日本に旅行する際、こんなパンフレットを渡されたそうです。

「日本へ旅行する皆様。日本の野菜は農薬の使用量が極めて多いので、旅行の際には、なるべく野菜を食べないようにしてください。あなたの健康を害する恐れがあります」

また、他の知り合いから聞いた話で、

「ヨーロッパから東京オリンピックに参加する選手団のため、自国の野菜を持って行ったほうがいいのではないかと、皆で話し合っているんです」

日本の食品が安全と思っているのは、日本人だけという話でした。

農薬の危険について、わかりやすい動画をご確認ください。

果物の農薬に注意!「いちご」は驚くべき第●位

野菜の農薬を洗い落とす洗浄剤

遺伝子組み換え食品の危険性

あなたは「遺伝子組み換えでない」食品を選んでいると思います。遺伝子組み換え食品は、日本ではあまり販売されていないと思っている人が大半です。

しかし残念ながら、すでに遺伝子組み換え食品の、世界有数の消費国が日本です。なぜなら、表示する義務の無い食品には大量に含まれているからです。

また、食肉、魚の質も変わっているといわれています。

人工的に飼育された輸入された食肉、輸入された魚は、効率よく生産するために、飼料(エサ)に加え、昔は使われなかった成長ホルモンや抗生剤を大量に投入しています。

また、飼料(エサ)そのものも、現在は国産も含め大半が遺伝子組み換え穀物です。

海外では、危険性が広く知られているこれらの食品が、日本ではあたり前のように販売され、口にしているのが現実です。

先進国の中で、がん患者が増え続けているのは日本だけ。こんな情報すら、入ってこないのが日本の現状です。

その他の汚染食品

魚の選び方にも注意が必要です!

 

その他17の危険な食品は?

まとめ

以上のように、日本では普通に売っている食品でも、海外では禁止されている食品も多く存在します。

日本人が知らない危険な食品の実態や、健康を害する食品の知識を得ることこそが、危険を防ぐ一番の対策です。ぜひ参考にしてみてください。

最新情報をチェックしよう!
広告