筋トレがメタボ体型から脱出するダイエットの中で最も効率的です。なぜなら、毎日の食事で吸収したカロリーの大部分は筋肉を動かすことで消費するからです。筋トレ初心者でも最速で効果絶大のメニューの秘訣を紹介します。

大谷翔平の筋肉を作るトレーニング方法とは?

メジャーリーグでも活躍をしている大谷翔平ですが、あの筋肉は普通の人でも作れるのでしょうか。

実は普通の筋肉トレーニングでは大谷翔平のような筋肉は作れません。

なぜなら食事トレーニングを取り入れないと、筋力トレーニングの効果を発揮することはできないのです。

この記事では大谷翔平のトレーニングの秘訣をご紹介します。よろしければ是非、参考にしてください。

広告

大谷翔平の筋肉はどんなトレーニングで作られた?

大谷翔平のトレーニングは筋肉はもちろん、食事の摂り方について力を入れています。

きっかけはダルビッシュ有選手との合同トレーニングの際に、食事の重要性について再認識したからです。

 

高校のときは細かい食事指導は無かったものの、当時は一日にご飯10杯を食べていました。

花巻東高校の佐々木監督も「大谷翔平は体を大きくして強くするという課題が明確だった」と話しています。

結果、入学時の体重65kgが90kg近くまで増やすことができました。

 

プロでの大谷翔平の食事トレーニングは「増量期」「減量期」の2通りの食べ方をしています。

レッドソックス上原投手をサポートした大前さんの検証によると、この方法のメリットは「筋力トレーニング」の効果を上げるためのものです。

食事トレーニングの方法
「減量期」では糖質カットを目的としており、野菜類などの副材のみを摂取します。「増量期」にタンパク質と炭水化物を一気に摂取することで、肉体改造に磨きをかけるのです。

代謝を高めるために、食事以外にもサプリ(MCTオイルなど)を服用して仕上げに入ります。

大谷翔平のプロフィール

生年月日:1994年7月5日

身長:193cm

体重:97kg

血液型:B型

出身:岩手県奥州市

経歴:花巻東高校→日本ハム(2013~2017)→エンゼルス(2018~)

 

タイトル

2015年:最多勝利、最優秀防御率、最優秀賞率、ベストナイン(投手)

2016年:最優秀選手(MVP)、ベストナイン(投手・打者)

2018年:新人王(メジャーリーグ)

 

大谷翔平のトレーニング方法

ここでは大谷翔平の「トレーニング理論」と「筋肉トレーニング」について解説します。

前半に「トレーニングの理論」を学び、筋トレとその目的の関係性を理解します。

筋肉トレーニングでは参考動画を基に、大谷翔平のトレーニングを解説します。

 

大谷翔平のトレーニング理論

大谷翔平にとって筋肉トレーニングは野球を上手くするためのものであり、筋肉トレーニングをしても野球は上手くならないと語っています。

つまり、野球において出来ることを増やすための筋肉トレーニングということです。

以下、本人談です。

「筋力がないとできない技術やメカニズムや動きがあるので。技術をうまくするためのフィジカルだと思っています。

筋力をつければ野球がうまくなるなんてこともありませんから。野球がうまくなるために必要なこととしてウエートトレーニングを入れているだけ。ですから体重が何キロ増えたとか、体脂肪率が何%ということは、ボクはそこまで大した問題ではないと思っています。

どこまで野球がうまくて、自分のパフォーマンスを高く発揮できる体をもっているかという方が大事です。必要な段階として一回、増量してということは考えていました。そのために必要な練習はオフにできたかなと思っています」
(日刊ゲンダイより引用:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/175389

 

大谷翔平の筋肉トレーニング

では実際に大谷翔平のような筋肉を付けるにあたって、効果的な筋肉トレーニングは以下の通りです。

大谷翔平のトレーニングに関する資料は公開されていないため、CMを基に考察しました。

 

 

①デットリフト

筋力トレーニングBIG3の1つです。

床に置いたバーベルを掴み、腕と背中を伸ばしたまま持ち上げます。

腕、太もも、背中を鍛えることができます。

 

②チンニング

懸垂です。広背筋を鍛えることができます。

順手で広背筋の上部、逆手で広背筋の下部に刺激を与えられます。

 

③ベントオーバーローイング

広背筋の下部を重点的に鍛えます。バーベルを使用しますが、ダンベルでも代用できます。

 

④クリーン&ジャーク

全身の筋肉を刺激します。筋肉トレーニングの上級者向きの種目です。

 

⑤インクラインダンベルプレス

大胸筋を重点的に鍛えることができます。

 

⑥ベンチプレス

筋力トレーニングBIG3の1つです。

大胸筋、肩、腕の筋肉を鍛えられます。

 

 大谷翔平の筋肉の付き方

全身にしっかりと筋肉が付いていることが分かります。

大谷翔平の体脂肪率は15%のため、体の80kg以上は筋肉で出来ています。

本人が言うに、野球を上手くするために筋肉を付けているため、重量などにこだわりは無いそうです。

ですが、胸、肩、腕の太さは日本人離れしております。

これも筋肉トレーニングと食事トレーニングの成果と言えそうです。

膝から先は非常にしなやかです。無駄な脂肪が無い状態がよく分かりますね。

逆に上半身は筋肉の誇大化が止まりません。それでも大谷翔平は筋肉はまだまだ足りないと言っております。

筋肉を付けすぎることで「動き辛くならないか」と質問を受ける機会もあるようですが、そんなことないようです。

動きが鈍くなるまで筋肉が付いたら、筋肉のバランスについても調整を入れると語っています。

まとめ

大谷翔平の筋肉は筋力トレーニングと食事トレーニングで出来ておりました。

高校時代から食べるトレーニングを続けたことによって、大きな体格を得ることが出来たのです。

それに加え、サプリなども取り入れることでトレーニグの効率化を図っています。

筋肉トレーニングでは情報が少ないためマネは難しいですが、主に上半身を鍛えるメニューが多いことが伺えます。

大谷翔平の筋肉トレーニングを深堀した結果「食事」の重要性を学ぶことができました。

これからトレーニングするあなたも、一度食生活を見直してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
広告