プロフィール

【名前】:ヒロト
【出身】:兵庫県
【年齢】:40代後半のアラフィフ
【趣味】:筋トレ、ジョギング、アマゾンプライムのアニメ見放題
【アニメ】:ソードアート・オンライン、Fate/stay night、ONE PIECE、コードギアス、化物語
【仕事】:サラリーマン中間管理職
【職歴】:フィットネスクラブの会社で20年(ジムのインストラクター、水泳のインストラクター、スタジオのインストラクター、パーソナルトレーナー、ジムの店長
※現在は転職して一般企業のサラリーマンです

【家族】:妻、子供1人
【性格】:目的がないと動けない仕事人間
【苦手】:ウインドショッピング(目的がない行動ができません。買わないのになんで見に行くの?と思ってしまいます。。)

できない言い訳から挑戦へ!

40代だからメタボでしょうがない

40代になってから、会社の健康診断でメタボと言われました。

ベルトの穴が最後までいってしまい、スーツのサイズがきつくて横じわだらけ。

風呂場で座るたびに見えてしまう、ムダな贅肉がついた醜いお腹、アゴを引いたときの、アゴと首の間にある余計な肉としわ。

「体脂肪率25%」体重の4分の1が脂肪のカラダです。

見た目がどんどん衰えていく自分。

健康診断で、毎年言われることは、

「週2〜3回の運動をしましょう」
「飲みすぎ、食べ過ぎは控えましょう」

それは、わかっているんです!

「仕事が忙しいからしょうがない」
「40(才)を越えたらしょうがない」
「いまさらやってもしょうがない」

できない言い訳を考えては、現状から目をそらしていました。

 

筋トレでダイエットを本気で始めるきっかけ

ある日、数年前に行った家族旅行の写真を見ていて、気がつきました。

子供が産まれた頃の写真。

今ほど太ってなかった当時は、家族と一緒に自分が写った楽しそうな写真が多くありました。

最近の写真は?

「メタボ体型になってからの、自分が写った写真がほとんどない!?」

どうして?

おそらく、自分の醜い体型を残したくなかったので、写真に入るのを避けていたのです。

家族との楽しい思い出の写真に、自分が入っていない。

「これはダメだ!」

メタボ体型になった僕は、いつの間にか、自分に自信がない、後ろ向きな行動をとっていました。

思いあたる事が他にもありました!

仕事への向き合い方も昔よりも後ろ向きで、言い訳が多くなっているような気がする。

「あれ?自分はこんな人間だったっけ?もっと積極的で前向きで、好きなことを楽しむ人じゃなかったっけ?」

「なんとかしなければ!」

これまで人生で充実感があって、輝いていたとき何をしていたのか?

・・・

「夢中で筋トレしていた!」

こんなことがきっかけで、僕は筋トレをスタートさせました。

「よし!まずカラダを若い頃のように戻そう!」

 

40代を過ぎたら、やる気だけでは動けない

僕は20代の若い頃に、ジム、水泳、エアロビクスなど幅広く、スポーツインストラクターの仕事をしていました。

筋トレは「やる気になればできる!」と思っていました。

しかし、それは大きな間違いでした。

20代で独身の頃なら、3か月で5kgのダイエットくらいは、やる気と気合いで簡単にできました。

ところが、40代の中間管理職サラリーマンの私には、 20代の頃にはまったく無かったものがあることに気がつきました。

それは、「仕事の責任」と「家族との時間」です。

20代のとき、無責任に仕事をしていたわけではありません。

40代の中間管理職サラリーマンの「仕事の責任」は、20代よりも重く難易度がはるかに高い。

管理職は会社から責任と権限に応じた成果が求められます。

平日はとにかく仕事が忙しい!

その上、働き方改革で部下の残業を減らした分、自分の時間を使って仕事をせざるを得ない。

平日は仕事が終わってからトレーニングをする時間と余裕はありません。

休日は大切な「家族との時間」です。

子供はいつか自立し、親から離れていくものなので、日々成長する子供との時間は何よりも大切と思っています。

何気なく一緒に過ごすような毎日でも、2度とこない時間。

休日は、なるべく子供と一緒に過ごして思い出をつくる時間にしたいので、いくら自分のためとはいえ、トレーニングをする時間はありません。

 

さあどうする?

「仕事の責任」「家族との時間」を守りつつ、トレーニング時間の確保をどうしていくか。

僕の場合はこの問題を克服し、定着させるのに一番苦労しました。

これが、40代で仕事をバリバリ頑張っている、多くの人が筋トレができない理由ではないでしょうか?

筋トレは時間を確保し、継続しなければ、絶対に結果がでません。

この問題を解決するために、実際にいろいろ試行錯誤して、失敗を繰り返しながら、かなりの時間を使いました。

そうして、自分に最適な「時間の確保」「継続する方法」を見つることができ、

3か月後に、マイナス5kgダイエット成功!

念願の6パックの腹筋になりました!

本当に、人間の欲望というものは限りがないもので、私の場合は「目標を達成したら満足して終わり!」

とはならず、

「もっと高い目標で挑戦したい!」と思えるようになっていきました。

 

ブログ運営をしようと思った理由と目的

僕がこのブログを運営しようと思ったきっかけは、トレーニングはやり方を少し変えるだけで「成果が大きく変わる」ことを身にしみて実感できたからです。

筋トレは、やれば必ず効果がでます。

そんなことは誰でも知っているし、知識ややり方はネットで検索すれば、すぐに情報を得ることができます。

私も過去にインストラクターをしていたので、知識は十分にありました。

でも、

「忙しいから継続できない」
「もう40代だから効果が出ない」

と言い訳をして、やらない理由ばかりを考えていた過去。

メタボ体型が進み、見た目や健康が衰退していく自分から目を背け、自信喪失していた過去。

こうした経験から、

「このままでは、今後の人生は絶対におもしろくない!」

「ない、ない、ない 」の引き算ばっかりのマイナス思考の現状から、

「ある、ある、ある 」の喜びをプラスしていく足し算していく未来にしていくと固く決意したのです。

長年放置していたメタボ体型。

そこから脱出するために、筋トレダイエットをはじめました。

筋トレダイエット開始から3か月後、

「あれ?こんなものか。」

と、あっけなく目標を達成していました。今まで自分に言い訳して、悩んでいた時間は何だったのか?

いま思えば、ここまでうまく成果が出た要因は、

①「自分に合った、正しい筋トレ」

ただやるのではなく、「自分の目的や習慣に合った、正しい筋トレ」のやり方を徹底したこと。

②「継続できる」

頑張ったのではなく、「継続できる」筋トレのやり方を選んだこと。

この2つがあったからです。

「自分に合った、正しい筋トレ」「継続できる」やり方が見つからないと、

結果が出ない
継続できない
つらい、苦しい

のように、

筋トレの実践が苦痛に耐えるネガティブなものになってしまいます。

「筋トレをやるぞ!」と思ったとき、心の中で理想の体型をイメージしながら、「こうなればいいな〜」とワクワクしながらポジティブな動機でスタートしたはず。

筋トレは「成果が見えるまで時間がかかる」というハードルがあります。

でも、頑張ったら頑張ったぶんの成果が出るから筋トレは楽しいのです。

さらに、「自分に合った、正しいやり方」を工夫すれば、思い通りの部分に筋肉をつけることができます。

自分の体型をデザインできる!

ぜひこの充実感を多くの人に感じてほしい。達成した喜びを味わってほしい!

これが、当ブログを運営しようと思った「根底にある理由」です。

心の奥底で、

「若い頃のような体型に戻したい」
「理想の体型になってみたい」
「もっと健康的に充実したい」

というような願望がある人に、毎日が忙しくても、もういい歳だからと思っていても、一歩先に進めるお手伝いができたらいいな〜と思っています。

 

自分に合った、正しく継続できる筋トレ

「自分に合った、正しく継続できる筋トレ」

このブログではこれを追求します。

筋トレは、やれば必ず結果がでます。
結果を出すのは難しくありません。

「メタボ体型から細マッチョ」
「たるんだお腹から6パッドの腹筋」
「痩せた体型から筋肉質の体型」

でも、続けられない人が多い。どうして続けられないのでしょうか?

「時間がない」
「しんどい」
「めんどくさい」
「お金がかかる」

続けられない理由は様々です。続ければ、絶対に結果が出るのに。

筋トレが続かない理由は、かける時間と労力に見合った結果がでない、または見えないから。

例えば、初心者がいきなり週3回、2時間の筋トレは絶対に続きません。

これは、時間のかけ方が正しくないのです。残念ながら、最初から続けられない時間設定です。

つまり、その人に合った「正しく継続できる筋トレ」ではないからです。

「正しく継続できる筋トレ」とは、

・時間の設定が合っている
・種目の設定が合っている
・強度の設定が合っている
・筋肉の使い方が正しい etc.

これらが、その人に合っていて、「短期間で成果がでる」「続けられる」やり方のことです。

※短期間=1か月

極端に言えば、短期間で結果がでない、続けられないやり方は「間違った継続できない筋トレ」と言えます。

また、「正しく継続できる筋トレ」のやり方は、すぐには見つかりません。

人には個性があるからです。

★個性1 身体構造、機能や能力★
骨格、筋肉量、脂肪量、内臓機能、免疫機能、運動能力など・・・

★個性2 生活習慣、環境★
食習慣、運動習慣、睡眠時間、仕事の内容や負担

こんなにも人には個性の違いがあります。他の人と同じやり方でやっても、うまくいくはずがありません。

自分に合ったやり方と思うことを、まずやってみる。

成功したり失敗したりの繰り返し。

その中で成功したことを続けて、失敗したことは別のやり方をやってみる。

そんな自分の個性に合った「正しく継続できる筋トレ」を見つけだすことが、成功の近道なのです!

できれば、失敗を最小限にして、成功を短期間で見つけて積み上げたい。

そんな「正しく継続できる筋トレ」を探すためのお手伝いをしていきます!

 

筋トレは人生を豊かにする

「筋トレは人生を豊かにする」

筋トレは、理想の体型に変わることだけではなく、様々なものを手に入れることができます。

例えば、

「家族や仲間からのリスペクト」
「会社でのイメージアップ」
「自己満足」
「自信」
etc.

僕の場合は「自信」でした。

「有言実行して結果を得る」という自己満足の自信もありましたが、それ以上のものがありました。

それは、他の人から結果を認められ「すごい!」と褒められたことです。

子供から「パパすごい!」
友達からすごい!
会社の知り合いからすごい!

会社の知り合いには、僕の影響を受けて、筋トレを始めた人もいます。

「40代で筋トレして結果がでることは、そんなにすごいのか?」

と思うほど、話のネタになります。

会社での立場とか収入の自信ではなく、「人間としての魅力」が増したような、充実感のある自信を得ることに成功しました。

メタボ体型だった時の、後ろ向きな自分はいつの間にかいなくなり、自信に満ちた今の自分に満足しています。

「筋トレは人生を豊かにする」

この理念を追求していきたいと考えています。

 

筋トレで人生をもっと豊かに!

「筋トレで人生をもっと豊かに!」

筋トレをやれば、筋肉がつきます。でも、筋肉をつけることが真の目的ではありません。

何のために筋肉をつけるのか?
筋肉をつけた、その先に何を求めているのか?

「人生をもっと豊かにする○○のため!!」

この「○○」は、人によって違うと思います。

そのプロセスに「正しい筋トレ」があり、結果をだすことが当たり前の世界を目指したいと、本気で思っています。

私の場合○○は、
・自分らしさ
・(子供に対する)父親としての威厳
・「正しい筋トレ」をやると決めた人

欲ばりですが、必ず実現できると信じています。

「筋トレで人生をもっと豊かに!」
○○のために!

 

ここまでの長文を最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

謹んで、感謝をいたします。

今後もご縁がありましたら、宜しくお願いします。

 

ヒロト